NEC

2021年7月31日 (土)

NEC Aterm WG1200HS4を購入

20210731b_necatermwg1200hs4

NECプラットフォームズの無線LANルーター「Aterm WG1200HS4」を購入した。4055円。

これまで、光回線終端装置(ONU)のルーター機能を使い、そこにTP-LinkのAC750 RE200を接続し、無線LANアクセスポイントとして使っていた。ところが、光電話が動かなくなり、光電話の契約を終了させるとONUのルーター機能は使えなくなるという。無線LANルーターを買うしかないか、と購入した。

安価なものもあれば、高性能高機能のものもある。無線接続速度の違いがあるようだが、クライアント側が新しい機器を使っているわけではないので、高速なものを選ばなくてもよいだろうと考えた。自分が使っているデスクトップパソコン、OppoのBDプレーヤー「BDP-103」、プリンターは有線でつなぎたいが、その3つがあれば何とかなるので、有線は3ポートで何とかなるだろうと考えた。

けっこう困るのは、ルーター機能が使えなくなる日はわかっても、時間がわからないことだ。待ち構えていて、「無線LANつながらないよー」という家人の連絡を受けて、光電話のLEDが消灯したことを確かめて作業をした。

このごろの機器は、ユーザーが有線LAN対応のパソコンを持っていないことを前提としてマニュアルを記述しているようだ。それはそれで仕方ないが、有線LAN対応のパソコンをつなぐ方が、楽だと思う。

困ったのは、インターネットプロバイダへのログイン情報がわからなかったことだ。何年も前に設定したきりなので、覚えていない。うろ覚えで打ってつながらない、ということを何度か繰り返した。大文字ではなく、小文字で打つ必要があったようだ。やれやれ。

無線LANルーターを変えると、割り振られるIPアドレスが変わるので、何かと設定変更が必要になる。面倒だが仕方がない。

TP-LinkのAC750 RE200は、リセットして設定をやり直し、無線LANアダプターとして使えるようにした。一時的な作業に都合がよい。

インターネット接続をキープするのも、父親の役割なのかねぇ。

H2

 

2019年10月 6日 (日)

無線LANアクセスポイントが壊れてMacで代替

20191006a_netwr8700n

長年使ってきたNECアクセステクニカ(現NECプラットフォームズ)のWR8700Nが壊れたらしい。家族が無線LANを使えない、という。そのAndroid端末を見てみたが、確かにつながらない。Windows Phoneのモバイルアクセスポイントにはつながるので、Android端末の問題ではなく、無線LANアクセスポイントとして使っているWR8700Nの問題のようだ。有線でつないでいる私のパソコンには何ら問題はない。

WR8700Nの電源を抜いて挿し直したら、POWERインジケータが点灯するのみで、他のLEDが点灯しない。リセットを試みたが改善しない。

仕方がないので、MacBook Proを出してきて、有線LANの接続をした。

20191006b_macwithethernetwire

OSの更新をし、「インターネット共有」という機能を設定する。

20191006c_macinternetshare

以上で、新しいアクセスポイントを家族に提供できるようになった。Macの機能に救われた気分である。

ただ、Macをアクセスポイントにし続けるのも、問題なしとは言えない。外に持ち出して使うこともないとは言えないからだ。新しいアクセスポイント機器を買う必要がある。

H2

2018年2月11日 (日)

NEC Aterm WL300NE-AGを購入

20180211a_atermwl300neag

NECの(正確には子会社なので名称が違うかもしれない、昔は「NECアクセステクニカ」だった)無線LAN子機「Aterm WL300NE-AG(PA-WL300NE/AG)」を購入した。4980円。

息子のパソコンの調子が悪く、別のパソコンに交換しようとしたところ、これまで使ってきたUSB無線LAN子機が、そのパソコンでは動かず、困っていた。調子の悪いパソコンを、リセットボタンを押しながら使ってきたのだが、無線LANの速度が数Mbpsに低下してWindows Updateやリモート接続がおぼつかなくなり、とことん嫌になった。

子機を買うなら有線接続のものがいいなあ、と思ったのだが、そういう機器を欲しがる人はあまりいないようで、この製品はずいぶんと昔にあったものがまだ存在しており、在庫僅少の表示が出ていた。うちの無線LAN親機はNECなので、トラブルが起きた時の面倒さを考えると、やはりNECかな、ということで注文した。

「らくらくスタート」ボタンを押しながら起動してうんぬん、というのは、やはり、説明書見ながらでないとわからないなあ、と思った。そんなわけで、この手の製品は人気がないのであろう。

私としては、これなら複数のパソコンを接続できるので、絶対これ、と思うのだが。

ただ、有線のポートが2個しかないのはちょっと悲しい。4つくらい付けてくれればよかったのに。まあ、足りなくなったらハブを買うまでだ。

H2

「HandsOnIT」検索

最近のコメント

最近のトラックバック