Maxon

2018年2月17日 (土)

CINEBENCH R15をやってみた

20180217a_cinebench

MAXONのCINEBENCH R15をやってみた。DOS/V POWER REPORT 2018年2月号を読み、11ページに掲載されているベンチ結果と、自分がメインで使っているパソコンの差を知りたくなったからだ。

CPUが620cb、CPUシングルコアが126cbであった。掲載されているCore i7-8700Kの値は1410cb、203cbなので、私のパソコン(Core i7-3820、2013年7月購入)に比べて、マルチコアで2.27倍、シングルコアで1.61倍速いと考えられる。

シングルコアだと差が2倍に達しない。パソコンの性能は最低でも2倍違わないと体感できないと思うので、これだと、おそらく、体感できない。

コア数は4から6に上がるが、それでも、マルチコア時の性能で2.27倍か。これだと、なんとか体感できるかもしれない、というレベル。

CPUの性能は、本当に上がらなくなったなあ。上がるのはSSDくらいか…。

H2

「HandsOnIT」検索

最近のコメント

最近のトラックバック