TP-Link

2019年10月 8日 (火)

TP-Link AC750 無線LAN中継器 RE200を購入

20191008a_tplinkre200

TP-Linkの「AC750 無線LAN中継器 RE200」を買った。2593円。

これまでは、プロバイダから供給された(?)ルーターに、NECプラットフォームズの無線LANルーター「WR8700N」を無線LANアクセスポイントモードにして接続し、そこから家の他の部屋に無線LANを提供していた。WR8700Nが壊れたようなのでMacBook Proでしのいでいたのだが、やはり無線LANアクセスポイントを機器として用意したいということで、RE200を買った。

RE200は無線LAN中継器であるが、有線LAN機器を無線LANにつなぐイーサネットコンバーター、無線LANアクセスポイントとしても利用できる。TP-LilnkのRE200紹介ページ にはそのように書いてあるし、 英文の説明書のPDFを読んで設定画面があることも確かめた。ただまあ、やってみなければ実際のところはわからないところもあって、ちょっとドキドキであった。

設定用の「Tetherアプリ」というのがあるらしいが、AndroidとiPhone/iPad用である。iOS機器は持っていないし、Androidはとんでもなく遅いタブレットと妻のスマホ(SIM不装着)しかない。パソコンでWebブラウザで入って、と思ったのだが、ノートパソコンを持ってきてWifi接続しても管理画面にアクセスできない。Windows Phoneでつないだら、「中継器の設定をご希望ですか?」という画面が出た(下の画面は後ほどデスクトップパソコンに出てきたものなので、参考程度)。

20191008b_nomanagementscreen

言われた通り、ノートパソコンをLANケーブルで直結した。

20191008c_tplinkre200

LANケーブルってのは、いいねぇ。管理画面に入れたのでパスワードを設定し、とりあえずMacBook Proで動かしているアクセスポイントに接続し、ファームウエアを確認した。最新であるようだったので、更新はしなかった。

20191008d_firmwareversion

続いて、画面右上の「モード」をクリックして、「リピーター」となっているのを「アクセスポイント」に変更した。

20191008e_modeselection

これでアクセスポイントになったのだが、無線LANでアクセスしようとしたらパスワードが通らず、再度有線でつないでうんぬんかんぬん、など、けっこう面倒であった。Windows Phone、MacBook Pro、妻のAndroidスマホ、子供用のイーサネットコンバーター、BDレコーダーを接続し直したころには、2時間くらい経過していたのではないだろうか。子供のゲーム機は全く更新してないけど、ま、今日じゃなくてもいいか。自分のAndroidタブレットも忘れていた…。この状態で長く継続して使えることを望む。

WR8700Nは無線LANアクセスポイントになるだけでなく、有線4端子のスイッチ(ハブ)にもなってくれていたのだが、RE200だとそれはないので、これまで有線LANでつないでいたパソコンを接続できない状況が生じている。これを機に、台数を減らすべきかもしれない。

H2

「HandsOnIT」検索

最近のコメント

最近のトラックバック