TP-Link

2021年7月31日 (土)

NEC Aterm WG1200HS4を購入

20210731b_necatermwg1200hs4

NECプラットフォームズの無線LANルーター「Aterm WG1200HS4」を購入した。4055円。

これまで、光回線終端装置(ONU)のルーター機能を使い、そこにTP-LinkのAC750 RE200を接続し、無線LANアクセスポイントとして使っていた。ところが、光電話が動かなくなり、光電話の契約を終了させるとONUのルーター機能は使えなくなるという。無線LANルーターを買うしかないか、と購入した。

安価なものもあれば、高性能高機能のものもある。無線接続速度の違いがあるようだが、クライアント側が新しい機器を使っているわけではないので、高速なものを選ばなくてもよいだろうと考えた。自分が使っているデスクトップパソコン、OppoのBDプレーヤー「BDP-103」、プリンターは有線でつなぎたいが、その3つがあれば何とかなるので、有線は3ポートで何とかなるだろうと考えた。

けっこう困るのは、ルーター機能が使えなくなる日はわかっても、時間がわからないことだ。待ち構えていて、「無線LANつながらないよー」という家人の連絡を受けて、光電話のLEDが消灯したことを確かめて作業をした。

このごろの機器は、ユーザーが有線LAN対応のパソコンを持っていないことを前提としてマニュアルを記述しているようだ。それはそれで仕方ないが、有線LAN対応のパソコンをつなぐ方が、楽だと思う。

困ったのは、インターネットプロバイダへのログイン情報がわからなかったことだ。何年も前に設定したきりなので、覚えていない。うろ覚えで打ってつながらない、ということを何度か繰り返した。大文字ではなく、小文字で打つ必要があったようだ。やれやれ。

無線LANルーターを変えると、割り振られるIPアドレスが変わるので、何かと設定変更が必要になる。面倒だが仕方がない。

TP-LinkのAC750 RE200は、リセットして設定をやり直し、無線LANアダプターとして使えるようにした。一時的な作業に都合がよい。

インターネット接続をキープするのも、父親の役割なのかねぇ。

H2

 

2019年10月 8日 (火)

TP-Link AC750 無線LAN中継器 RE200を購入

20191008a_tplinkre200

TP-Linkの「AC750 無線LAN中継器 RE200」を買った。2593円。

これまでは、プロバイダから供給された(?)ルーターに、NECプラットフォームズの無線LANルーター「WR8700N」を無線LANアクセスポイントモードにして接続し、そこから家の他の部屋に無線LANを提供していた。WR8700Nが壊れたようなのでMacBook Proでしのいでいたのだが、やはり無線LANアクセスポイントを機器として用意したいということで、RE200を買った。

RE200は無線LAN中継器であるが、有線LAN機器を無線LANにつなぐイーサネットコンバーター、無線LANアクセスポイントとしても利用できる。TP-LilnkのRE200紹介ページ にはそのように書いてあるし、 英文の説明書のPDFを読んで設定画面があることも確かめた。ただまあ、やってみなければ実際のところはわからないところもあって、ちょっとドキドキであった。

設定用の「Tetherアプリ」というのがあるらしいが、AndroidとiPhone/iPad用である。iOS機器は持っていないし、Androidはとんでもなく遅いタブレットと妻のスマホ(SIM不装着)しかない。パソコンでWebブラウザで入って、と思ったのだが、ノートパソコンを持ってきてWifi接続しても管理画面にアクセスできない。Windows Phoneでつないだら、「中継器の設定をご希望ですか?」という画面が出た(下の画面は後ほどデスクトップパソコンに出てきたものなので、参考程度)。

20191008b_nomanagementscreen

言われた通り、ノートパソコンをLANケーブルで直結した。

20191008c_tplinkre200

LANケーブルってのは、いいねぇ。管理画面に入れたのでパスワードを設定し、とりあえずMacBook Proで動かしているアクセスポイントに接続し、ファームウエアを確認した。最新であるようだったので、更新はしなかった。

20191008d_firmwareversion

続いて、画面右上の「モード」をクリックして、「リピーター」となっているのを「アクセスポイント」に変更した。

20191008e_modeselection

これでアクセスポイントになったのだが、無線LANでアクセスしようとしたらパスワードが通らず、再度有線でつないでうんぬんかんぬん、など、けっこう面倒であった。Windows Phone、MacBook Pro、妻のAndroidスマホ、子供用のイーサネットコンバーター、BDレコーダーを接続し直したころには、2時間くらい経過していたのではないだろうか。子供のゲーム機は全く更新してないけど、ま、今日じゃなくてもいいか。自分のAndroidタブレットも忘れていた…。この状態で長く継続して使えることを望む。

WR8700Nは無線LANアクセスポイントになるだけでなく、有線4端子のスイッチ(ハブ)にもなってくれていたのだが、RE200だとそれはないので、これまで有線LANでつないでいたパソコンを接続できない状況が生じている。これを機に、台数を減らすべきかもしれない。

H2

「HandsOnIT」検索

最近のコメント

最近のトラックバック