« Elecom「MP-113BK 基本を押さえたスタンダードマウスパッド」購入 | トップページ | NEC Aterm WG1200HS4を購入 »

2021年7月31日 (土)

Intel Core i7-10700などを購入

20210731a_intelcorei7_10700etc

米IntelのCPU「Core i7-10700」(3万2500円)、台湾ASUSTeKのマザーボード「TUF GAMING H570-PRO」(1万5680円)、SanMaxのメモリー「SMD4-U32G48H-24R-D D4 2400 16GBx2 1r SKh」(1万4212円)を買った。通販で買ったのだが、クレジットカード決済がうまくいかず、代引きにしたので手数料510円。

息子のパソコンはCore i7-870であったのだが、メモリー12GBだとゲームに十分なメモリーを割り当てられない、と不満をこぼしていた。また、時々ブルースクリーンが出ているようでもあった。新型コロナウイルス感染症の拡大で、どこかに連れていってやることもできない。夏休みのせめてもの思い出に、と、CPU、マザーボード、メモリーを新調した。

システムバランスでいうとNVMeのSSDも買うべきであったのだが、現在使用中の2TB SATA SDDには各種ゲームがインストールされているようで、そのすべてを新しいSSDに移行する自信がなく、容量面では同じなので、今回は既存のものでよしとした。

昨年10月にCore i7-9700などを買った時に比べると、CPUはほぼ同価格で1世代後にできた。マザーボードは、品薄状態で選んだ前回より、格下ではあるが世代を2個新しくして安く済ませることができた。メモリーは、安いものを見付けられずに高くついた。

組み立てて驚いたのは、H570-PROがSATA接続のSSDをブートドライブとして認識しなかったことだ。CSM(Compatibility Support Module)を有効にすればよいのだろうと思ったが、できない。ツクモのサポート情報によると、グラフィックスボードを装着すると有効にできるという。マジかよ?と思いながらやってみたら、その通りであった。

H570-PROには、PS/2キーボード端子がない。PRIME Z390-Aにはある。Z390-Aを買ったのも、私としては正解だったかもしれない。このことは買う前に気付いていた。

買う前に気付かなかったのは、H570-PROは3個のNVMeスロットを持つが、CPU付近の1個は、第11世代のCoreシリーズでないと使えないらしいことだ。損した気もする。でもまあ、10世代のCPUが安くなってきたところを狙って買っているのだから、仕方ないか。

先ほど息子の部屋に運んで使わせているが、特に苦情が来ないから、動いているのだろう。

H2

« Elecom「MP-113BK 基本を押さえたスタンダードマウスパッド」購入 | トップページ | NEC Aterm WG1200HS4を購入 »

パソコン自作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Elecom「MP-113BK 基本を押さえたスタンダードマウスパッド」購入 | トップページ | NEC Aterm WG1200HS4を購入 »

「HandsOnIT」検索

最近のコメント

最近のトラックバック