« Adaptec RAID 2405でHDD読み込みが200MB/秒超 | トップページ | USB 3.0の速度が出ているか試す »

2020年11月11日 (水)

Intel Pentium D 915を使う

20201111b_intelpentiumdonecsg31tm

余ったパーツで作る2台目、Pentium D 915搭載機がほぼできた。マザーボードはECSのG31T-M。メモリー4GB、SSD256GBという構成である。

グラフィックスボードはなしで、CPU内蔵の「Intel G31」を使っている。このドライバーはWindows 10が持っているようで、自動的に入る。性能はよいものではないだろうし、内蔵メモリーの一部を使うのが難点である。でも、電源がいつ購入したかわからない420Wくらいのものなので、グラフィックスボードを入れたら容量不足を起こすかもしれないという懸念がある。また、そんなに良いグラフィックスボードを余らせているわけでもない。とりあえず、1280×1024で映るのでよしとしている。

自作のベンチマークソフトMThread2を走らせてみた。結果を一つの画面でキャプチャーできなかったので、2個の画像を紹介する。

20201111c_mthreadresult1

20201111d_mthreadresult2

最も時間がかかったのは子スレッドなしの時で、169.694秒。最短だったのは子スレッド64の時で60.703秒だった。

手持ちの他のパソコンとの結果を表にした。

20201111e_mthread2results

Core i7-9700と比べると、シングルスレッドで4.5分の1の性能、マルチスレッドで12分の1の性能と言える。

これだけ差があると、さすがに体感できる。操作をする時にタスクマネージャーを常時見ている必要がある。反応が遅くて、「お前本当にやってるのか?止まってないか?」と確かめないと落ち着かない。

それでも、動いてるんだから大したもんだよなぁ。

H2

 

« Adaptec RAID 2405でHDD読み込みが200MB/秒超 | トップページ | USB 3.0の速度が出ているか試す »

パソコン自作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Adaptec RAID 2405でHDD読み込みが200MB/秒超 | トップページ | USB 3.0の速度が出ているか試す »

「HandsOnIT」検索

最近のコメント

最近のトラックバック