« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月

2019年6月23日 (日)

Windowsの2019年5月更新を手動で入れる

20190623a_updatewindows10s

Windowsの2019年5月更新プログラム(バージョン1903)は、これまでは、Windows Updateで入った場合のみ入れてきたのだが、今日は「Windows10Upgrade9252.exe」をダウンロードして入れた。

大きなきっかけは、Phenom II X6 1065Tを入れたデスクトップが1台あり、それはけっこう前に調子が悪くなってほっておいたのだが、そろそろメンテしなければいかんのではないか、という気持ちになったからである。これがけっこうクセモノで、グラフィックスボードを抜いてマザーボードグラフィックスで動かして少々安定し、メモリー設定をいじるなどでなんとか8GBで動くようになり、といった具合であったが、Windowsのバージョン1709(Fall Creators Update)が入っていたようで、そのサポートは既に終了しており、更新がうまくかからない状態であった。それならば、1903を入れてみるか、ということである。

いろいろと入れて、x86の仮想マシンだけは失敗して先送りしたが、他はなんとか入ったようだ。

パソコンのメンテナンスは、かなり面倒な作業である。普通のユーザーだと、メンテナンスができなくなって、廃棄して、新しいのを買う人は買うし、そこまでの価値を見出せない人はパソコンを使うのをやめるのだろう。パソコンは結局、みんなのものにはならなかった、のかもしれない。そう考えると、ちょっと寂しいかも。

Windows 10の更新を少しさぼると、サポート切れになり、Windows Updateがかからなくなる、ということを今回知った。せわしないことよのぉ。

H2

 

2019年6月19日 (水)

Parallels Desktop 14 for Macでmac仮想マシンを使う

20190619a_parallelsdesktop3virtualmachin

仮想マシンの再編をした。Windowsの方では、Visual Studioの2017と2019を並行して動かしたかったので、バージョン1903になっている仮想マシンを2個にして、それぞれに2017と2019を入れた。Macの方は、ここしばらくWindows仮想マシンだけだったのだが、mac OS 10.14.5(Mojave)の仮想マシンを2個用意した。これも、Visual Studioの2017と2019を入れてみたのだが、2017の方は画面が文字化けしたりして、まともには動かない感じだったので、2019だけを残した。

Parallels Desktopの良さは、mac OSを仮想マシンで動かせることである。たまたま、バージョン14に更新していたので、現行mac OSの仮想マシンを作ることができた。

Mojaveの次、Catalinaでは、32ビットアプリが使えなくなる。古いものをどんどん切り捨てていくのがAppleのやり方だ。Catalinaへの更新はやめて、Mojaveでストップさせようかなぁ、と思っている。OSを更新すると、アプリも更新しなければならなかったりして、お金がかかる。その投資をしたとしても、ハードウエアがOSバージョンアップの対象外になってしまえば、そこまでである(パッチを当てて無理に更新する方法もあるらしいが)。あと数年で更新できなくなるパソコンに、さらに投資するのもなぁ。

mac使いの人に「macはWindowsより長く使えるから」と言われたことがあるが、そうでもない。Windowsの方が長く使える、と私は思う。2009年に買ったDellのノートパソコンStudio 1555も、まだ現役で使えている。

H2

2019年6月 8日 (土)

Windows 10でポインターのサイズ変更が変わった?

20190608a_cursorandpointer

Windows 10で、マウスポインターの大きさを大きくしていたのだが、標準サイズに小さくなったような気がして画面を開いて確認したら、どうも、これまでとは設定画面が変わったような気がする。ポインターの大きさを、1から15まで設定でき、15にするととんでもなく大きい。とりあえず4で様子を見ることにした。

2019年5月のアップデートで加わった機能なのかもしれない。確認してはいない。

H2

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

「HandsOnIT」検索

最近のコメント

最近のトラックバック