« Widows 10 October 2018 Updateが入らない例 | トップページ | Driver Easyでドライバーをチェック »

2018年11月22日 (木)

Hyper-V仮想マシンの構成バージョンを「9.0」に

20181122b_hypervconfigversion

Windows 10 October 2018 Updateとまだ格闘している。Windows 10 Professional上のHyper-V仮想マシンの一つが起動しなくなり、頭に来て消てしまった。仮想ディスクを新しい仮想マシンに入れれば使えるかと思ったら、ライセンス情報が消滅した。その後、エクスポートした仮想マシンがあったので、それを使って直せた。助かった。

調子に乗って、仮想マシンの「構成バージョン(configuration version)」を上げてみた。上げる、というコマンドを実行すると、「いくつにしますか?」と尋ねてくることはなく、「9.0」になる。一度こうしてしまうと、昔のHyper-Vホストでは使えなくなるらしいが、まあ、それでよしとする。

Windows XPを9.0にしても、動かなくなるということはないようだ。

一つ気を付けた方がいいと思うのは、スナップショットがある状態で構成バージョンを上げると、元の仮想マシンとは別にスナップショット名の仮想マシンができ、何が何だかわからない状態になることだ。スナップショットを残そうというのは、やめた方がよいと思う。

最後に頼りになるのはバックアップ(この場合でいうとエクスポートデータ)だなぁ、と思ったので、ローカルのアレイに確保し、別のパソコンのアレイにもコピーした。

このごろはプログラミング関連の仕事はしていないので、いらんといえばいらんのだが、後になって買うと、けっこうお金かかりそうだから、ある程度は保持したいところである。

H2

« Widows 10 October 2018 Updateが入らない例 | トップページ | Driver Easyでドライバーをチェック »

Windows」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Hyper-V仮想マシンの構成バージョンを「9.0」に:

« Widows 10 October 2018 Updateが入らない例 | トップページ | Driver Easyでドライバーをチェック »

「HandsOnIT」検索

最近のコメント

最近のトラックバック