« Windows 10で記憶域を使い始めた | トップページ | 転んでもただでは起きぬ »

2018年1月 5日 (金)

記憶域からはエンコードできなかった

Windowsの記憶域を使い始めてある程度時間が経過した。おととい、ホームビデオで撮影した画像をBDにしようとして、エンコード中にブルースクリーンが出るという問題が生じた。ディスクが作れないのでは困る。いろいろと試みた。Driver Easyというソフトを使ってドライバーを更新して回るというのも、かなり時間がかかった。

20180104a_drivereasycongraturations

上の画面は、Driver Easyですべてのドライバをチェックし、更新し、「おめでとうございます!」が出た様子だ。でも、これで解決はしなかったので、Driver Easyの指摘を、すべて真に受ける必要はなかったかもしれない。

結局、問題を起こしていたのは、記憶域であった。記憶域に置いたMP4ファイルをエンコードすることはできず、同じファイルを通常のディスク(SSD)にコピーしてエンコードしたら問題が生じないからだ。私の記憶域の構成方法に問題があるのかもしれないが。

いろいろと、ワナがありますなあ。

H2

« Windows 10で記憶域を使い始めた | トップページ | 転んでもただでは起きぬ »

Windows」カテゴリの記事

「HandsOnIT」検索

最近のコメント

最近のトラックバック