« 記憶域からはエンコードできなかった | トップページ | Embarcadero RAD Studio(Delphi、C++Builder)を10.2R2に更新 »

2018年1月19日 (金)

転んでもただでは起きぬ

どこへやったのか、と思っていたPATA接続のSSDが引き出しの中にあったので、PATA HDDでブートしていたPentium D機をSSD化しよう、と考えた。

20180119b_pentiumd

ところが、140GBのHDDから64GBのSSDに移すのは、容量が足りないと言われて失敗。デフラグを念入りにかけてCドライブの容量は40GB程度に落としたのに、それでもうまくいかなかった。

あきらめて、余っていた1TBの3.5インチHDD「東芝MQ01ABD100H」でブートすることにした。これは、8GBのフラッシュメモリーをキャッシュとして使うというもので、まあなんというか、3.5インチHDDのガリガリ音だけは消せるだろう。速いかどうかは何とも言えないが。

それが何とか入ったので、AdaptecのSAS/SATAボード「ASR-2405」を入れてみた。以前入れた時はアレイがWindows側から見えなかったが、今回は問題なく入った。そんなわけで、ドライブの様子は以下のようになり、さらに、マザーボードのSATAポートを3個余らせることができた。

20180119a_pentiumddrives

1ドライブを2ドライブにすると、タスクマネージャーのパフォーマンスタブでその2ドライブが一括表示されたのが新鮮だった。64GBのSSDは、一応、ページファイルを置くのに使ってみた。ASR-2405で作った2個の1TBアレイを主に使う予定。旧パーツの寄せ集めであるが、少しは役に立つだろう。

H2

« 記憶域からはエンコードできなかった | トップページ | Embarcadero RAD Studio(Delphi、C++Builder)を10.2R2に更新 »

パソコン自作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 転んでもただでは起きぬ:

« 記憶域からはエンコードできなかった | トップページ | Embarcadero RAD Studio(Delphi、C++Builder)を10.2R2に更新 »

「HandsOnIT」検索

最近のコメント

最近のトラックバック