« Visual Studio Community 2017をインストール | トップページ | RAD Studio(Delphi/C++Builder)無償版をインストール »

2017年3月17日 (金)

Visual Studio Community 2017でC#とVBのデスクトップアプリ開発を試す

Visual Studio Community 2017をインストールしたが、「ワークロード」をインストールしないと開発はできないような感じである。ワークロードをインストールしてみた。

20170317b

「ユニバーサルWindowsプラットフォーム開発」「.NETデスクトップ開発」「C++によるデスクトップ開発」「ASP.NETとWeb開発」にチェックを入れ、さらに右側を見て、「省略可能」となっているところを、適当にチェックした。

ワークロードをインストールすると、プロジェクトテンプレートが入る。こんな感じ。

20170317c

以前使っていた、主なものはまあまあありそうな感じである。少し書いて動かしてみよう。テンプレートで、

20170317d_2

C#の「Windowsフォームアプリケーション」を選び、「try01」という名前でプロジェクトを作る。フォームが現れるので、ツールボックスを開き、ボタンを貼り付ける。

20170317e

ボタンを貼り付けるとこんな感じ。

20170317f

ボタンをダブルクリックするとコードエディタが開く。

20170317g

上のように編集して実行すると、

20170317h

ウィンドウが現れ、ボタンを押すと「C#でこんにちは!」というダイアログが現れる。Visual Basic(VB)でも同様の手順で作れる。コードは以下。

20170317i

ここまでは、前バージョンを使っていた時と特に変わらない。よかったよかった。

H2

« Visual Studio Community 2017をインストール | トップページ | RAD Studio(Delphi/C++Builder)無償版をインストール »

Visual Studio」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Visual Studio Community 2017でC#とVBのデスクトップアプリ開発を試す:

« Visual Studio Community 2017をインストール | トップページ | RAD Studio(Delphi/C++Builder)無償版をインストール »

「HandsOnIT」検索

最近のコメント

最近のトラックバック